FC2ブログ

2011年が始まりました .....

author photo

Bychaospapa

故あって、新年の挨拶を遠慮させていただき ..... アドビさんのを拝借今年はどんな年でしょう?

「初めの一歩は道の半ばに当たり、 今年の事業は今日の心に起こる」と云います。

60歳を過ぎてしまったので ..... 童心に戻って、気負わない生き方を目指してみます。

(アドビさんのように)世界の子どもを支援してみたい気もしますが、まず、日本の子どもの教育に何か支援してみたいです。

年越しの「朝まで生テレビ」を見ていましたが ..... 先生方には期待できないですね。呆れてしまいます! 政治家も教育者もマスコミ関係者もダメですが、出演しているガキ共も話になりません。

本当は、我が儘に生きてみたい .....

(夫)
Share

Comments 9

Linea oro  

No title

年始早々、配慮が足りず大変なご無礼を致しました。

夫様の仰られる通り、先生達には呆れ果てております。

昨夜「日本の生きる道」という番組を見ましたが、かつて戦後の成長期がそうだったように中小零細企業の優れた技術力に注視し、世に出る後押しの必要性を痛感致しました。


今年もまだまだ我々の出番が有りそうですな、先輩☆

2011/01/02 (Sun) 08:26 | EDIT | REPLY |   

KEN  

No title

年末、ノーベル賞を取った根岸先生の講演を聞いて来ました。日本人自体が内向き志向になってきていることを憂いていました。もっと、世界を見て、どこの国の人ともいろいろな分野で競争できるようにならなければとのことでした。

ガラパゴス日本人。心配です。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2011/01/02 (Sun) 09:40 | EDIT | REPLY |   

店員A  

No title

新年早々私も配慮が足りず、大変ご無礼をいたしました。心よりお詫び申し上げます。
わが子のことを考えますと、この国の行き先には目を覆いたくなるくらいですが、その中でもたくましく生き抜いていけるような躾をしたい、、と思っておるところです。本年もご指導宜しくお願いいたします。

2011/01/02 (Sun) 11:39 | EDIT | REPLY |   

夫  

No title

> Linea oro さん
とんでもございません、全然気にしないでくださいね!

頑張りましょう、子どもたちのために、孫たちのために .....
大人の責任を果たしたいものです。

2011/01/02 (Sun) 13:04 | EDIT | REPLY |   

夫  

No title

> KEN さん
出演の女性議員が「日本人として生まれたなら、生活に必要なお金を保証してあげましょう」 ..... バカを云うんじゃない!

Discovery Channel のサメ特集で、「人が喰われたからと云ってサメを駆除するのは間違い、海の生態系を崩してしまう」というのが本当。

残酷だからといって肉食獣を殺してしまったら、草食動物が大繁殖し、争って新芽までも残らず食べてしまうから、草食動物自体も絶滅してしまうのです。 草食男子と呼ばれる雄たち ..... 絶滅の予兆なのか?

2011/01/02 (Sun) 13:19 | EDIT | REPLY |   

夫  

No title

> A さん
とんでもございません、全然気にしないでくださいね!

いいですねぇ ..... 「躾」は、とても美しい日本語です。

生意気ですが「子どもをダメにする方法」だけは知っています。
「幼児期に、子どもの言うがままに、要求のままに行って、要求する物を与え続けること」..... ショピング・センターでも、レストランでも、乗り物でも、ダメにすることに一生懸命です。

2011/01/02 (Sun) 13:28 | EDIT | REPLY |   

ぴんから弟  

No title

すみません...僕も..能天気で

あ、うちも子供ダメにしてるなあ...反省。
でも、「お皿をちゃんと持って食べなさい」「取った物は残さない」
「スープをズルズル飲むのはやめなさい」「椅子には深く座りなさい」とウルサく言う僕に「はいっ!」と返事ができる彼は偉いね(笑)

2011/01/03 (Mon) 00:21 | EDIT | REPLY |   

ぴんから兄  

No title

>ぴんから弟さん
あらららッ、なんかゴメンナサイでーす。
生きることのひとつの意味は「感動する」ことですから、いろんな経験ができてジュニアは素晴らしい人生を歩むことができる!

総てを超越し、時間・空間を一瞬に体現できる仏に感動はあり得ません。(解脱の目的は Let it Be を完全に理解できることですから)
ですから、「生きることは苦しみの連続である」ことを知りながら、人は自分の産まれたい環境を選ぶのです。(親を選べないのではなくて、ちゃんと選んでいます)

辛さに耐え、我慢し、時には涙を流して苦しむ ..... そして、感動の喜びにむせぶ時、「生きてきてよかった」ことを想います。
辛いことも含めて、お互いに人生を楽しみましょう!

2011/01/03 (Mon) 17:34 | EDIT | REPLY |   

夫  

No title

> ↑
あ〜ぁ、抹香臭いッ!

2011/01/03 (Mon) 17:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply