サンフランシスコ街歩き ー etc 1 ー

author photo

Bychaospapa

ホットドッグスタンド。こんなふうに、チップ入れを置いてる屋台は多いみたい。そういう習慣がないから、どのタイミングでいくらくらい入れればいいのか判断できなくて困った。


歩道に寝転んで休憩中の作業員が、車窓からカメラを構える私を見つけてこんなリアクション。楽し〜っ。


この車も込みのデザインでしょう、このお店。


SOMAのレストラン記事で掲載し忘れた店内のショット。


ホテルから、夕方の交差点。


ギラデリスクエアのダイナー。ベティさん、なんかおひさしぶり〜。35年くらい前に、ルーニー・テューンズやらのキャラと一緒に流行った記憶が。

ここまで結構な枚数をアップしてますが、実際まだまだ写真が山ほど。どうか飽きないでくださいませ〜 ^^;

(妻)
Share

Comments 2

みえこ  

No title

ホットドッグ、コーヒー等を売るセルフサービス系飲食店では、サービスがないんだから基本的にチップなしでOK、がずっとルールだったのですが、最近はルールが壊れて、なんでもあり状態です。

まあ基本的には、お釣りの小銭を入れよう、という感じ。景気のいい人はコーヒー一杯頼んで、その値段よりもたくさんのチップを入れたりするそうです。けちな人は、ゼロ。常連は多め(挨拶の意味でしょうね)で、観光客は少なめ(ご縁うすいので)という傾向があるそうです。お店の人が帰りに精算してみると、かなりな金額になっているそうです。精算のときに入れても、帰り際にカウンターまで戻ってきて入れてもよし。入れなくてもよし。深く考えないのが正しいです。

2011/09/23 (Fri) 02:29 | EDIT | REPLY |   

妻  

No title

新しい習慣なんですね〜。ファーマーズマーケットのワゴンで買い物したときに、初めて発見したんですが、Miekoさんにせっかくレクチャしていただいた事例に該当しなくて焦りました。ホットドッグ屋さんに1ドル札っていうのも、割合が多すぎるんじゃないの〜?とかw

2011/09/23 (Fri) 09:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply