FC2ブログ

深圳から東莞へ ..... 今年最後の出張

author photo

Bychaospapa

深圳、現在の中国発展の礎を築いた .....大きなビルが建ち並んでいますが、チョッと霧っぽい?ショッピング・モールのゲートに広告、とても面白く参考になります香港を朝早く出たので、朝ごはん代わりに肉まんを買ってもらう

初めて中国を訪れた頃の肉まんはネズミ色でした .....
でも、勇気を出して食べたときの美味しさは今も忘れられません!

当時、中国残留孤児の母親達が帰国し始め、中国の子供たちを連れて帰ってきた時、彼らの子供たちが、コンビニの前から動こうとしなかった理由を知っていますか?

あまりにも真っ白で美味しそうな肉まんを、彼らは見たことがなかったから ..... こんなにも綺麗、食べたらどんなに美味しいことか?

子供たちは、日本の真っ白な肉まんを頬ばり、そしてガッカリする

そんな昔のことを考えながら迎えの車に乗り込み ..... 樟木頭へ

(目的は果たしましたので)今日の仕事は無事に終了!いつもの新都会酒店:Metropolitan Hotel樟木頭の駅舎のガード下をくぐろうとする一人の紳士僕がヘンなモノをねだったので案内していただきました

この夜、ビックリする経験を .....
ホテル内の日本料理店で食事を終え、部屋へ戻ろうとロビーに差しかかると、「ヤクザが暴れているのでチョッと待ってくれ」と?

確かに顔中血だらけの恰幅のいい輩(一目で分かります)がウロウロ
なんでも、他の客とケンカをして、仲間を呼んでやっつけるのだとか?(確かにカフェにも血だらけの若いのが二人ほど)

どうやら、暴力団同士の争いらしいのですが、問題は制服を着た公安(警官)が4人もいたこと ..... どうなってんの?

僕らと一緒に遠巻きに見ているだけで、制止、逮捕する気配なし!

後から聞いたところでは、公安と反社会的組織はいい関係(持ちつ持たれつの仲)にあって、余程のことがない限り見て見ぬふりをするのだと ..... 中南海の政治家同様、こんな田舎町でもその伝統は守られているようで ..... こいつら腐っています、どうしょうもありません翌日の朝、部屋からの景色天気予報は「霧」ですが、なんか信用できませんね

早々に仕事を終えて、香港に戻ります深圳に着いてお昼ごはん、お湯で食器を洗いましょう(習慣です)青菜の炒め物が美味しい豚肉のなんだか?飲茶の写真を撮り忘れましたが、美味しい焼きそばでしたとても中国的で、ある意味、感動のお店でした

このあと、深圳から出国、香港のイミグレを経て、無事に香港へ

去年は使えた iPhone からのアップロードが完全にブロックされて
同行されたT社長は問題なかったので、僕だけでしょう?
来年は、入国と同時に逮捕されるかも?

中国のヤクザを見て思ったこと ..... 堂々と街中に暴力団事務所が看板を掲げている日本だって、欧米人からみたら「警察がマフィアを公認している、絶対にヘンな奴らだ」と見られても不思議はない
中国は我々の鏡であり、「人のフリ見て我がフリ直せ」ということ!

インターネットのブロックは無駄だと思う
ただ、香港で自由を感じることで、擬似的な「勝利」を楽しんでる

「霧」じゃないよ ..... PM2.5 が、すぐそこまで?

(夫)










Share

Comments 0

Leave a reply