期待以上の日 ..... もっと粘って撮るべきか?

author photo

Bychaospapa

昨日の視程が良すぎたので、あまり期待していなかったが2017_1025_中島公園_01
帰る間際の、今朝の「中島公園散歩」..... 但し、秋の景色をレタッチするのが大変!2017_1025_中島公園_02
いつもの場所で、季節外れのトンボが ..... 有本芳水の「播磨にて」を思い出す

播磨は われの父の国 播磨は われの母の国 ..... いずくに急ぐ船人よ 船路の夢の寂しくば せめて今宵は泊まれかし 飾磨はふるき港にて .....

この中の、トンボを唄った箇所で いつも涙ぐんでしまう

2017_1025_中島公園_03
明けきらぬ光景は こんな感じで つまらない(トップの写真は 陽が射してから)2017_1025_中島公園_04
秋も深まり ..... ジジイもモノ悲しくなってしまう 今日この頃2017_1025_中島公園_05
すっかり、All the leaves are brown, ..... 2017_1025_中島公園_06
活き活きとした夏とは違い、色褪せて 疲れた感じになってしまった2017_1025_中島公園_07
京都の紅葉は、青々とした緑から綺麗な赤まで、見事なグラデーションなのに .....2017_1025_中島公園_09
紅葉の簾から覗く、晩秋の風景だなぁ .....2017_1025_中島公園_08
それを 逆手にとって、湖面の風景を ..... あんまし イカさないなぁ!2017_1025_中島公園_10
Brompton のいる風景、陽が射さないと ダメだね?2017_1025_中島公園_12
今が盛りのモミジさぁ〜ん、笑ってッ!2017_1025_中島公園_13
期待のスポットが イマイチで、2017年の秋が終わってゆく .....

今日も、中国人が(韓国人も)多くいて ほぼ全員が写真を撮っている
とにかく 傍若無人! ..... 秦の時代、燕の衛の荊軻は、筑の上手い高漸離と酒を飲んでは、唄って、酔い、騒ぎわめいて、まるで傍に人がいないかのような振る舞いをして暮らしていたという

「周りに 気を配るという文化」が無い支那人が、戦前・戦中・戦後、日本人を「小日本鬼子」(中国語読み:シャオ・リューベン・グイッツ)と 最大級の蔑称で呼んだ

カメラを構えている前を 平気で横切る彼らに怒鳴りたい 豊田 真由子風に .....

「このぉ〜、チョン・ゴー・レーンッ!」

(夫)

Share

Comments 0

Leave a reply